このエントリーをはてなブックマークに追加

Coleman アルミライスクッカー で、飯を炊く

投稿日:2015/2/4 更新日:

愛用しているけど、まともに紹介していなかった

Coleman アルミライスクッカー

 

61RVFQcaJML__SL1159__1_T1

 

Coleman(コールマン) アルミライスクッカー・サイズ:約φ19×18(h)cm

・重量:920g

 

ライスクッカーと言えばユニフレームが有名ですが、私はこっち。

ご飯は3合炊きです

保温性はありません

一回の食事で3合以上は炊かないので、これでOKです

 

 

 

IMG_20150130_152510_T_edited-1_T1

内蓋と、ザルと、計量カップがスタッキングされて入ってます。

計量カップは邪魔くさいので、取り出して・・・ 捨てた?どこかにありますw

 

 

61gkd7qXAnL__SL1000__T1

袋もついて、荷姿はこんな感じ

ザルは便利です。お米を研ぐのに使いましょう(^^)

 

私はキャンプの時だけではなく、家庭用として、こちらのクッカーを使用します。

だって、炊飯器のお釜洗うの面倒なんだもの

我が家の炊飯器は、5.5合炊き、洗うのに大きくて邪魔くさい

家族そろってご飯を食べる時間が分かっていれば、クッカーの方が便利!

ではでは、家庭用ですが、使用したところをレポします。

 

 

IMG_20150130_152424_T_edited-1_T1

お米を研ぎます

キャンプへ行くときは、2合とか3合を小分けにしてビニール袋へ入れていきます

計量カップなんか必要ありません!

このクッカー、内側に給水位置のメモリがあるのですが、読み取りづらいです。

鍋が黒いから、特に夜では見えない汗

 

いつも炊いてる人なら、経験で大体の位置は目分量でいけますよね?

あとは手首で測る方法で(^^)

出来ない人は見ず入れる前に、じっくりメモリを見ておくといいよ~

 

 

 

IMG_20150130_152444_T_edited-1_T1

内蓋、、そして蓋をして給水させます。

時間はお好みでハート

1時間以上がイイらしいよ~

 

 

IMG_20150130_181642_T_edited-1_T1

吸水したら点火

 

 

IMG_20150130_181630_T_edited-1_T1

5目盛りある中の、ちょうど中間。 完全な中火です。

このクッカーの良い所は、これから炊き上がるまで火力調整しないところ

しかも、うちのガスレンジ

 

 

IMG_20150130_152541_T_edited-1_T1

温度感知センサーがついているので、消火も自動ビックリ

真ん中のでっぱってるやつね。

ダッチオーブンを使うと、勝手に火力弱めてしまう、イラッとするこの機能が役立ちますw

10分経過

 

 

 

IMG_20150130_182444_T_edited-1_T1

湯気が出てくると、蓋の間から泡が立ってきます。

何度も言うけど火力調整しません

 

一つ注意

この泡ね、パチンと破裂すると周りに飛び跳ねます。

 

IMG_20150130_182735_T_edited-1_T1

跳ねて乾くと、白くなるので、ガス台が汚れるのです!

使い終わった後に掃除しないと嫁さんに怒られます(備忘録w)

 

火を点けてから 14分後 自動消火しました

炊き上がり早くない?

自動消火なので、おこげが出来ないのがネック(贅沢な悩み)

キャンプ場で作る際は、時間の目安と目視、それと匂いで判断してください。

湯気が出なくなり、米の薫りが香ばしくなったら火を消しましょう。

この後、5分~10分の蒸らし(放置)

蓋をあけて、一度混ぜるのも良いかもしれません。



 

出来上がり♪

IMG_20150130_183607_T_edited-1_T1

 

IMG_20150130_183723_T_edited-1_T1

艶々です 水分が多かったのでw

 

出来立てなら、ごま塩かけただけでもウマい!

子供たちも 父親に気を使って いつも以上に食べてくれます。

ご家庭でも使えるライスクッカー

私はコールマンの方を推します



   

関連






 

clickお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

-調理器具, 料理

Copyright© まずは庭から始めました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.