このエントリーをはてなブックマークに追加

どせい

投稿日:2016/6/7 更新日:

日付跨ごうと思ったけど、悲しい記事はさっさと流しましょう

土星の撮影にチャレンジしました

撮影日時は6月3日 21時ごろ

 

 

su

 

su2

今は火星、アンタレス、土星が近い距離で上がってきます

しょぼい土星の写真は一番最後にねw

 

 

撮影機材

 

IMG_20150731_232348_1

鏡筒は、ビクセン ED102S

架台は赤道儀じゃなくてポルタⅡ経緯台を使用しました

長時間露光じゃないので、経緯台でも追いかけられます

ED102Sの焦点距離は920mmなので、惑星撮影にはちょっと望遠が足りません

 

 

このくらいの焦点距離2000mmクラスの鏡筒が欲しいところですね

 

そこで、拡大撮影アダプターを使います

 

これの内部にアイピース(接眼レンズを)をセットして拡大撮影が出来ます

 

アイピースはNLV10mm

 

5mmとかだともっと大きく出来るんでしょうけど、ズームすればするほど視野に入れるのが難しい・・・

 

で、撮影

ISO感度:3200
SS:1/40秒

で、撮影された画像がこちら

 

 

IMG_5970

豆粒みたいなのが土星です

スマホじゃきっと見れない汗

笑えるくらい小さいでしょ

こいつをトリミングして、画像処理して・・・

出来上がりがこちら

 

 

2016.06.03

私の腕ではこれが限界ですw

もっと素敵な写真はネット上にたくさん転がってます

 

私の写真でも、なんとなくカッシーニの隙間が見えてる気がしません?

気のせいですか?w

 

地球から土星までの距離、約15億㎞

光の速さで80分

そんな遠くの惑星の輪っかが肉眼で見えたり、写真に残せたりすると楽しいですよ

出来栄えはともかくねw

 

お子様に見せてあげたいですよね

呼んでいただければ出張しますよ~

そこから未来の科学者が誕生するかもしれませんもの

   




 

clickお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

-天体

Copyright© まずは庭から始めました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.