このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミリーキャンプ入門 キャンプに必要な道具 バーナー編

投稿日:2017/2/11 更新日:

これからキャンプを始める人向けの道具選び

バーナー編です

 

 

元々の記事は下記

ファミリーキャンプ入門 キャンプに必要な道具とお値段

お寒い日が続いております 外遊びはすっかり減ってますので、ブログに書くことありません せっかくなので ...

続きを見る



 

 

キッチンおすすめ商品

 

バーナー

 

料理を作ったりする火気のことです

様々な種類があります

ファミリーキャンプ用で何を選ぶか記事にしました

 

 

バーナーの種類

・バーナーの数

・燃料

大きく分けるとこの2つでまずは種類があります

 

バーナーの数

・バーナーの数が1つが、ワンバーナー

・バーナーの数が2つが、ツーバーナー

・バーナーの数が3つが、スリーバーナー

わざわざ書くこともなかったかw

主であるワンバーナーと、2バーナーについて書きます

 

 
ワンバーナー
 

シングルバーナーとも言います

比較的コンパクトです

ソロキャンプ(ツーリング)や、登山などで使うことを主として考えられているんだと思います

大きさもピンからキリですが、簡単な料理を作るならワンバーナーで十分です

 

 

 
ツーバーナー
 

ファミリーキャンプなどで、料理に力を入れたい方はツーバーナーがおススメ

例えばダッチオーブンなのでバーナーが1つ塞がれても、別のバーナーで調理することも可能です

ワンバーナーに比べて、サイズは大きくなります

ワンバーナーを2つ並べた方がコンパクトの場合もあります

 

どれを選ぶかは後述します

 

 

 

燃料の種類

・ホワイトガソリン(白ガス)

・レギュラーガソリン(赤ガス)

・灯油(ケロシン)

・ガス

・燃料用アルコール

と、言ったところでしょうか

 

主流は、ホワイトガソリンとガスになります

 

 
ホワイトガソリン(白ガス)
 
 

Amazonでも見る

 

キャンプ以外で用途を知らないですが、キャンプ時の燃料と言え白ガス

ランタンでも使ったりしますね

ガソリンと言う名前ですが、ガソリンスタンドで給油できません

(探せばあるのかな?)

一般的なガソリンと比べてもお値段割高です

ポンピングと言う作業が要ります

 

 

 

 
レギュラーガソリン(赤ガス)
 


レギュラーガソリンを使えるって言うバーナーもあります

私は使ったことが無いので、聞きかじり情報です

使用はホワイトガソリンとほぼ変わりませんが、ホワイトガソリンより混ぜ物が多くバーナーのメンテナンスが必要になることあるらしいです

 
 

 Amazonで探す

 

ガソリンスタンドでも購入できますが、専用の携行缶を用意しないと売ってくれません

ガソリンは揮発性も高く引火点も低いので、取り扱いに注意しないと爆発の恐れもあります。

逆にその性能のため、灯油(ケロシン)と違い、プレヒートと言う手間なく着火が出来ます。

 

 
灯油ケロシン
 


なんといっても価格の安さが売りではないでしょうか

ガソリンスタンドなどで灯油は簡単に手に入ります

その際はポリタンクに給油してもOK

着火の前にポンピングに加え、プレヒートと言う余熱作業が必要になるのが手間です

 

 
ガス
 


 

ガス缶をセットしてガス出して着火するだけ

携行、使い勝手含めてガスが一番お手軽に使えます

ランタンの回で書きましたが、OD缶とCB缶とあります

CB缶ならコンビニでも手に入れることが出来て尚お手軽

価格も安く済ませられます

 

ただし、気温が下がるとガスの出が悪くなるので寒い時期はおススメ出来ません

寒さに強いガス缶も有りますが、お値段は少し上がります

 

 

 

 
燃料用アルコール
 

 
 

 Amazonで探す

 

アルコールバーナーで使用します

アルコールバーナーのメリット携帯性に優れたところですが、ファミリーキャンプで使用するには向かないと思います

 

燃料アルコールはドラッグストアなどでも購入できます

500mlで500円くらいです

熱量や先勝時間で考えるとコストパフォーマンスとしてはどうなのかな?

私も持ってますが、あんまり出番はありません

格好つけるだけに買いましたw

 

 
比較一覧表

 

 

 

ファミリーキャンプに最適なバーナー

 

今シーズンデビューするならガス式のツーバーナーでOK

 

ガス缶タイプはOD缶でもCB缶でもどちらでもいいと思います

ランタンと同規格の缶を選ぶと良いと思います

 

 

 


我が家はColemanのガスツーバーナー

OD缶です

 

ツーバーナーならご飯を炊きながらスープやカレーを同時に作ることが出来ます

ご飯が炊けた後に別の物作っていると保温機能のないご飯が冷めちゃいますからね

 

セットするだけで風防が出来るのも魅力です

ガス缶取り付けてスイッチを捻るだけで火が付きます

家庭のコンロと容易さは変わりません

 

 

もう少しキャンプ気分を味わいたければ、ガソリンツーバーナーでポンピングするという楽しみもあります

が、意外に大きいガソリンツーバーナー

 


我が家のツーバーナーはケロシン化もしましたが、出番も無く嵩張るので先日捨てました

 

ケロシン化の記事

ガソリンツーバーナー413 ケロシン化

ガソリンツーバーナーのケロシン化 第2弾 

 

 

 

 
予備であると良いバーナー
 

ツーバーナーとは別に、ガス式のワンバーナーも持ってると更に良いと思います

 

おススメがCB缶のセパレートタイプ

 


我が家は旧型ですがSOTOのガスバーナーを使ってます

 

ちょいと温めたり、お湯を沸かしたりするのに目の前のテーブルに置いて作業出来ます

ツーバーナーを目の前に置けば良いのですが、ちょっと邪魔ですのでねw

 

手の込んだ料理をしない我が家(ファミであんまり行かない)

最近はワンバーナーだけ持っていきます

 

 

 

灯油を使えるワンバーナーも持ってます

 

動画もあるので過去記事をどうぞ

【点火式】ケロシン(灯油)で使えるシングルバーナー

冬はこれを持ち出します

 

 

 


中華製の大火力のバーナーもあります

 
 

 Amazonで探す

 

火力凄いよw

 

 

 


OD缶に直接付けるタイプもあります

この小さいのと、ColemanのF-1パワーストーブみたいなやつ

携帯性は抜群ですが、背が高くなるので多少不安定です

 

 

余裕があればワンバーナーをプラスで買ってみてください

 

 

買うならこれはどうでしょう

 

家庭のレンジと同じように使えるガスツーバーナー

奥様も扱いに困ることはないでしょう

 

 
 

 Amazonの方が安いですよ

赤色青色も有ります

 

OD缶タイプ

テッパンのColemanです

 

 

 

 
 

 Amazonで買う

 

CB缶タイプは汎用性高い

 

 

 

予備として、メインとしても使えるガスワンバーナー

 
 

 Amazonで買う

 

私も使ってるのと同タイプ

冬場以外では使用に困ることはありません

 

ツーバーナーとシングルバーナーをCB缶で揃えるのもありかな

 

 

 

おまけ

 

バーナーカテゴリーに入るか分かりませんがw

 


焼き肉やるのに最適!炉ばた大将

 

これを使うようになってから、炭を熾してのBBQはあんまりやりません

すごく便利!

 

 
 

 Amazonで買う

 

何度も言うけどすごく便利!!

 

我が家はさらに別売りの鉄板買ったり、たこ焼き用プレートを買ったりしてます

直火なので電気式より美味しくたこ焼きが焼ける気がします

 

 

さらにおまけ

 

我が家は使ってないのでおススメか分かりませんが、カセットコンロの選択肢もありですね

 
 

 Amazonで買う

 

風防付きのアウトドア向けカセットコンロ

カセットガスにしては値段が高いですけど

 

 

 

バーナーの話は以上です

 

 

 

   




 

clickお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

-キャンプ入門, 火器

Copyright© まずは庭から始めました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.