広告



   

お金を掛けてもう一度やろうかな?

投稿日:2022/10/10 更新日:

 

ほんの一時期だけ天体撮影に嵌っていた時期がありました

今から9年前の2013年頃

 

一眼レフを購入し、次のステップとして天体撮影

 

最初はビクセンの入門機で月や星の観察をしていた

それでは飽き足らず、撮影にも挑戦

 

基材は色々と揃えた

 

フル装備だとこんな感じ

 

持っている物は、鏡筒が計3本

星を自動追尾する赤道儀

オートガイド

オートガイド用のミニ鏡筒

その他パーツ類

 

以前は30万くらいと書いたことあるけど、よくよく計算したら50万円を超える基材

カメラは別にしてね

 

あと、天体撮影用にPCソフトも購入した

これが意外と高い

 

9年前は本格的な趣味にしようと思っていた

だから投資

 

当時は今ほどお金に余裕は無かった

けど、やりたいと思ったら止まらないのが私の性格

 

ヤフオク眺めたり、専門書を買って勉強したり

お金が無いなら無いなりに最小限の出費で買い揃えた

 

こんなオリオン大星雲や

 

土星の写真を撮った

 

それでも安い基材だと、星を綺麗に止めたり(自転しているから)

鏡筒が揺れたりして私が求めている写真を撮ることが出来なかった

 

ま、一番の原因は光害の無い場所まで行くのをサボったからなんですけどね

岡崎市でも市内や名古屋市内の街の明かりの影響を受ける

 

綺麗に星空を撮影したければ山に入る必要がある

でも夜の山って怖いんですよ

夜の山道を1人で走るのも怖いし、現地に行って人が居なければ真っ暗な中は更に怖い

 

本当に好きな人は気にせず行くのでしょうが、それほどの熱量が無かった証拠

 

ポータブル電源まで買っていたのにね

 

練習がてら家の近くで撮影し、満足に撮れなかった

→ 基材が安いから

→ 怖い思いをして山に行っても同じじゃないか

→ じゃあ、もう良いかな

こんな流れ

9年前の話ね

 

それ以来、たまに家のベランダから月を撮影するくらい

 

月はお手軽に撮れるので良い素材です

 

最近、久々に天体関係をネットで調べてみた

当時よりずいぶん天体写真を撮れるシステムも簡易になっていた

あの当時手に入れにくかった基材も、今の私の財力なら買えるようになっていた

 

もしかしたら、今やれば上手に撮れちゃうんじゃない?

画像編集も簡単に出来ちゃうんじゃない?

 

需要があるか分からないけど、ブログもやっているので発表の場もある

SNSもある

綺麗に撮れた写真をUPして、ドヤ顔出来るw

 

もう一度やってみようかなぁ・・

でもやっぱり最大の問題は一人で山の中へ行くことだな

 

行った先ではセッティングして車中で動画でも見ていれば暇は潰せる

でも独りぼっちは怖い

それこそSNSで共通の趣味の人を見つければ良いのか?

 

人見知りなので・・・

 

こんな趣味に付き合ってくれる彼女が欲しいなぁ

オートで写真を撮っている間に車中でムフフな事したりして

セレナなのでフラットになるよw

 

そっち方面もお金をかけたら何とかなるんか?

どうなんでしょ?

 

冗談はさておき、当時お金が厳しくて我慢していたことを再度お金をかけたらどうなるのだろう?

上手くいくのかなぁ

 

やってみなきゃ分からない

こうやって書くってことは、きっと私はやると思います

 

やりたいのと、誰か止めてほしいのと、やるなら誰か一緒に行って欲しいのと、色々な思いで書いてみました

 





アドセンス




-天体

前後の記事
  先日、社内でイベントがあっ…
  ブログでAmazonの商品…

Copyright© まずは庭から始めました , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.