広告



   

知人、友人、恋人、愛人

投稿日:2021/4/23 更新日:

 

ブログに書く際は【言葉】に気をつかっている

口で話せば十分に伝わることも、文字だと違和感が出たりする

 

最近気になっている言葉

『歯医者』

 

・歯医者に行きました

だいたいこれで通用する

歯の治療に歯科に通ったと言うこと

 

でも『歯医者』とは人の事を指す

歯の医を司る者だ

 

自分で話す時は良いけど、文字にすると気になって仕方がない

 

・歯医者に診てもらいに行きました

これなら話は通じる

でも、ここまで言う人は少ないし、読みのリズムも悪くなる

 

・歯医者に行きました

誰も気にしていないだろうけど、どうしても気になる

 

世の中には『納車しました』じゃなくて、『納車されました』だよ

納車するのは業者!とか言うアホも存在するし

歯医者の指摘を受けたところで、私は指摘については気にしないですけどw

 

『医者に掛かる』という言葉があるように、『歯医者に掛かる』とすればいいのかな?

『耳鼻科に行ってきた』と同じように『歯科に行ってきた』とこれでもOK?

『歯の治療をしてきた』というのが手っ取り早いか?

 

細かすぎる?

 

他かにも、これは以前にも書いたことあるが『友人』『知人』は使い分けている

そもそも私が友人と呼べる人はかなり少ない

遊び相手はまあ多くは無いけど、数回遊んだだけで『友人』とこちらから言ってしまうのがおこがましい気がしてしまう

 

プライベートでかなりの回数を遊ばないと『友人』とは書きませんし言いません

友人ですって紹介したら「え!?友人なの?」って思われてもショックだしw

 

逆に「友人だと思っていたのに、知っている人扱い!?」って思われたりするのかな?

その際はごめんなさいとは思うけど、私の基準なので仕方ないですね

 

言葉で言えば一瞬で、気にしないかもしれないけどブログでは文字として残る

言葉の一つも違えば、相手の捉えようで変わることもある

気を付けています

 

ところで・・

(話があっちゃこっちゃで纏まり無くてごめんなさい)

 

『恋人』って、恋する人とか恋している人なわけですよ

私の解釈ですが

 

『愛人』って、愛する人、愛される人だと思うのです

辞書でも 愛人=恋愛の相手、こいびと と書いてある

 

いつから『愛人』=浮気相手になったのだろう

愛する人と書いて『愛人』

素敵な言葉なのに

 

で、でさ

この記事のオチ

 

誰か私の『愛人』になってくれませんか?

募集しています

 

ね、言葉の捉え方は人それぞれw

 

愛する人が何人いたって良いじゃないかと私は思う

ダメなの!?

 





アドセンス




-雑記

前後の記事
  バラシて外装交換を行ったア…
  この記事はアドレスにお金を…

Copyright© まずは庭から始めました , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.