広告



   

数年ぶりに奥さんと2人で買い物

投稿日:2022/2/9 更新日:

 

先日の日曜日に、奥さんと2人で一緒に買い物に行きました

普通の人なら当たり前の事でしょうが、我が家では異例

 

一緒に買い物に出た記憶は、直近ではない

数年ぶりと言っても過言ではない

 

我が家は互いに干渉せず

休みが合わないと言うのもあるけど、例え休みが被ろうとも2人で出かけることはまずない

その方がお互いに気を使わないから家庭円満なのです

 

昔は一緒に買い物も行きました

付き合いたての頃は、名古屋まで出てデパートでお買い物

婦人服売り場など全く興味なかったけど、一緒に買い物に付き合った

 

「これどうかなぁ?」

何着か目ぼしい服を見つけて、私に問いかける

 

もう答えは一択

「買えば?」

 

結局背中を押して欲しいだけなんですよ

一度、7分丈のパンツを試着して、どう?なんて聞かれた時に

「なんかモンペみたいで変!」

と答えたら、最近の流行りが分かっていないとかなんとかブーブー言われた

なんじゃそりゃ!

 

その場で買えと言わないと、いったん候補の服を置いて、店内を彷徨い

隣の店、そのまた隣の店を彷徨い

結局元の店に戻ってお買い上げ

そんなことも多々ありました

 

メンドクセー

 

子供が生まれてからは当然2人だけと言うことはほぼ無い

それでも乳飲み子の頃は一緒に買い物に出歩いていた

おっぱいあげなきゃいけないので、ベビーカーに乗せて一緒に行くくらい

 

私の記憶にある最後の2人のお買い物

 

2015年1月にジャズドリーム長島へ買い物に行っています

 

言い方は悪いけど、お財布要員w

 

そんな夫妻が、先日の日曜日に2人で買い物に行ったのです

スーパーバローへですけど

 

東海地区に拠点を置く、ごぐごく普通のスパーです

てへぺろ

 

いや、これでもホント異例なのよ

 

晩飯前に私がどうしても刺身と生ガキで酒を呑みたくなった

奥さんも疲れて晩飯を作るのが億劫になった

 

じゃあ二人で行きましょう!と合致したのです!!!

と、大そうな書き方w

 

近所のバロー(スーパー)の魚屋がとても良いのです

ある時から地元の魚屋が中に入った

そうしたら売っている物も変わりまして、珍しい物も取り扱うようになった

そして美味い!

 

だけどまあ値段もそれなりになるわけです

 

いやまあ、私のお金で、余裕で買えるよ

2万も3万もするわけではない

 

刺身1パック1,000円とかそんなもん

生ガキだって1,000円も出せば買えます

 

でもねぇ

私の財布から2千円出ていくわけです

 

奥さんを連れて行けば、実質ゼロ円!

結局、私と奥さんの稼ぎのお金ですが、手持ちの現金が減らないと言うことは、意外と大事

今回も、奥さん=お財布ですw

 

奥さんを私の運転するセレナに乗せる

乗るのは後部席

助手席など乗りません

 

そして約2キロの移動w

着くなり私はカゴを持ってお目当ての鮮魚コーナーへ

パパパと品定めしてカゴに入れる

 

この間、奥さんとは別行動

奥さんは次男の晩飯選びと自分の食べたい物買っていました

 

支払いは宜しく~って感じでお会計です

総額6,000円オーバー・・・

嘘でしょ?

 

次男の晩飯に、マグロ尽くしの握り寿司2,000円ですって

アホか

398円の弁当喰わせておけって話ですよ

 

ヒラメの刺身を食べたいと、奥さんは自分用に800円くらいするヒラメの刺身

8切くらいしか入っていないのよ

高級!!!

 

私が買った筋子700円なんて、何日かに別けてご飯10杯は食えるのに!

 

スーパーの滞在15分くらい

で、6,000円も使いやがった

私も2,000円くらい買っているけど

 

食と洋服に関して、うちの奥さんは金銭感覚がアホなのですw

だから連れて行ったのですけどw

 

食事に関しては、「どう?」と聞くと後押ししてくれる奥様です

素敵でしょ?

 

年に数回は  利用  仲良くお買い物しようっと

 





アドセンス




-我が家の記録

前後の記事
  ゴルフと言うスポーツはそれ…
  最近はテレビでゴルフ番組観…

Copyright© まずは庭から始めました , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.