広告



   

このご時世だけど、結婚式に行ってきた

投稿日:2021/1/6 更新日:

 

2020年12月27日

友人の結婚式へ出席してきました

 

当初はもっと前に行う予定だった結婚式

コロナ禍の影響で延期になり、年末に形態を変えて結婚式が行われた

 

私は久々に友人として結婚式に招待された

 

45歳のオジサンになると、呼ばれる結婚式は身内か部下の結婚式などしかない

部下の結婚式では礼服に白ネクタイ、真面目な顔をして座っていることしかできず窮屈だよね

それに比べ、友人の結婚式は気兼ねなく祝福することが出来る

 

友人と言っているが、20歳も年下の会社の女の子だったりするので、ほぼ上司と部下みたいな関係だけど(汗)

 

呼ばれたのはカメラマンとしてかな?

と、勝手に想像し、しっかりカメラ持参で撮りまくってきました

 

パシャっと

 

式場専属のカメラマンも雇ったみたいだけど、私も負けずに撮りまくってやりました

専属カメラマンが連射でパシャパシャパシャと撮っていたので、私も負けずに連写モード

 

コロナ禍対策で小規模、短時間の式でした

時間にして1時間半くらい

 

だけど高速連写なので900枚くらい撮っていた

肉眼で観るよりファインダー越しで見ている時間の方が長かったであろうw

 

家に帰って厳選300枚にする

 

こんな写真も撮っていたりする

 

専属カメラマンとは違う角度で撮れたりもする

 

誓いのKISS時には高速連写

 

はい、ごちそうさま

口にしろや

 

専属カメラマンに撮影されているところも撮れるw

 

一番の良いところは、友達だから撮れる笑顔

 

いつもの友人の笑顔を撮れる

本人は気に入らないらしいけど、あんたいつもこんな顔ですってやつ

 

髪留めなど写すと喜ばれる

実際に喜ばれた

 

一番喜ばれたのは、撮ってすぐに編集しデータで渡せたこと

専属のカメラマンだと納期に時間がかかるらしい

 

8か月って言ったかな?

そんなに待っていたら別れているかもしれんw

 

うそうそ、お幸せに

 

短時間の結婚式でしたが、私もこの機会にスーツを新調したりして

誰も見てくれていないし、出会いも無かったけど・・・

 

それにしても結婚式は良いね

ホッコリします

 

結婚式関係の仕事に就いている知り合いが、コロナ禍で今はやっぱり指揮をする人が少ないと嘆いていました

こんなご時世で老若男女が集まるから難しいよね

早くハッピーな世の中になれ!

 

そして私を結婚式に招待してください

盛り上げるので、誰か呼んでー

たくさん呼ばれちゃうと御祝儀大変だけど、もっとお気楽結婚式出たいな

写真もお任せあれ

 





アドセンス




-カメラ, 写真

前後の記事
  そういえば今の職に就いたの…
  この記事を書いている時間 …

Copyright© まずは庭から始めました , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.