このエントリーをはてなブックマークに追加

冬準備 スノーフライ

投稿日:2016/10/21 更新日:

 

同僚(年下)の○くん 「まる」です、「O(オー)」ではないです

ことごとく私と女性の趣味が合いません

「あの子可愛いと思わない?」と聞いても「え~ そうですか!?」って言う

あまりにも毎回言うので、私の趣味が悪いのかと本気で考えちゃいました

第3者に聞いたら、ほぼ私の言ってた方が可愛いという結果になった

○くんはB専と判明w

だけど、嫁さんだけは可愛いんだよなぁ・・ タイプ違うのに!

○くんとHなお店に行ってもきっと競合しないなぁなんて考える今日この頃

 

 

さてさて本題

 

img_6557_edited-11
ステラリッジテント2型のスノーフライ

勢い余って晩夏に購入しました

 

 

 

 

 

けっこうなお値段しますよ

 

ステラリッジテントはモデルチェンジしたので、旧タイプの私用のスノーフライはモンベルのアウトレットで安く購入できます

 

img_6556_edited-1_t1
生地に厚みがあるためか意外と大きいスノーフライ

一番左はノーマルフライ入りステラリッジテント2型

真ん中がポールね

 

 

 

 
山岳テントのカテゴリーに入るのでコンパクト

 

 

img_6558_edited-1_t1
インナーテントは通常通り設営

 

 

 

img_6559_edited-1_t1 手前がスノーフライ、奥がノーマルフライ

生地の厚みも違えば質感も違います

 

ノーマルフライ

30デニール バリスティック®ナイロン

 

スノーフライ

70デニール ナイロン

 

重量はスノーフライだけで889gもあります

ステラリッジテント(フライ含む)重量が1,390gしかないので、スノーフライだけでどれだけ重いのかわかります

 

 

 

 

設営時のポイントです

 

img_6563_edited-1_t1
風が入ってこないように、四つ角は引っ掛けるのではなく、巻き込む感じで掛けます

 

 

 

 

img_6561_edited-1_t1
TOPは風に飛ばされないように紐で縛れます

ノーマルフライにはありません

 

 

 

img_6565_edited-1_t1
スカートの部分がしっかりついてて、風が入ってこない設計です

この上に雪を被せるのかな?

 

 

で、

 

 

設営完了の写真が撮れてなかった・・・・

今回の記事、クソの役に立たない記事w

 

 

m_k_1122430_slyl
モンベルのHPから拾ってきた画像を貼っとくよw

出入り口のビローンとなった所や、チャックが無いところも写真撮ったはずなんだけどなぁ・・・

 

 

 

この冬は雪中キャンプやってみたいと思います

思うだけでいつも実現しないから先にスノーフライを買ってみたりした

車のチェーンって必要なのかな?

 

 

テント片付けちゃったので、また張った時に色々写真撮って載せます

需要があれば・・・

 

 

では!

 

   

関連






 

clickお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

-テント

Copyright© まずは庭から始めました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.